スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正大学で「さくらそうフェア」 豊島区(産経新聞)

 「2010江戸の花・さくらそうフェア」が24日、豊島区西巣鴨の大正大学で開かれた。

 江戸時代、徳川家康がタカ狩りの際に持ち帰って栽培したのが始まりとされる地元ゆかりのサクラソウで街おこしをしよう-と同実行委員会が主催したもので、今年で4回目。

 会場では、2月から地域住民が自宅で育てた鉢植えのサクラソウを一堂に展示し、品評会が開催された。また、同大学生による研究発表や雅楽演奏なども行われ、区民ら約300人でにぎわった。

 

<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)
妻の節約術、夫は疑問視? =スーパーの「はしご」、やめて-ネット調査(時事通信)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
「ますぞえ新党」幻に=公選法違反? -新党略称(時事通信)
「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場(産経新聞)

熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)

 熊本県の八代から人吉を通り鹿児島県の隼人に抜けるJR肥薩線は明治42(1909)年に全線開通し、昭和2(1927)年に八代~川内~鹿児島の海岸ルートが開通するまでは「鹿児島本線」を名乗っていた。「山線」の愛称で親しまれる人吉~吉松(鹿児島県)間は、カルデラの火口壁を越える峠越えで、急勾配(こうばい)を克服するため、国内初のループ線やスイッチバックなどの工法が採用されており、えびの盆地越しに霧島連山を望む風景は「日本三大車窓」と評される。

 ■鉄道ファンでなくても満喫

 JR九州では、平成8年から「いさぶろう」「しんぺい」という観光列車を運転し、肥薩線を鉄道遺産として積極的に売り出している。

 吉松から「しんぺい2号」に乗車してみた。車内は木製インテリアで統一、展望スペースもある。次の停車駅「真幸(まさき)」は、スイッチバックの駅。ホームには「幸福の鐘」も設置されている。列車は進入とは逆の方向に数百メートル走り、再び方向を変えて山を上っていく。この日は、あいにくの曇り空で、日本三大車窓を拝むことはできなかったが、気分は爽快。気象条件が良ければ、桜島をも眺められる。次の「矢岳(やたけ)」は、標高537メートルと肥薩線で最も高い位置にある駅。駅前には蒸気機関車(SL)D51を留置した「SL展示館」もある。

 列車は峠を越え、肥薩線の最大のクライマックス「ループ線」を駆け下りていく。急勾配ゆえ、眼下に「大畑(おこば)」駅まで大きく旋回しスイッチバックで駅に入っていく。大畑の駅舎は明治42年の開業当時のまま。蒸気機関車の石造給水塔も残っており、SL全盛時代を懐かしむことができる。しんぺい号は、さらに山を下って終点の人吉へ。吉松から1時間の“癒やし系鉄道旅”だ。

 ■SL入庫シーン…昭和の躍動感って素晴らしい

 JR九州は、ほかにも旅に出たくなるような列車を数多く世に出している。「ゆふいんの森」「はやとの風」「ハウステンボス」「かもめ」「ソニック」など斬新デザインと遊びごころのある列車は、鉄道ファンならずとも魅了される。肥薩線には、別府~大分~阿蘇~熊本~八代~人吉を結ぶ「九州横断特急」という観光列車も乗り入れており、3月から11月末までは人吉~熊本間で「SL人吉」も運転され、週末や夏休みを中心に大いに賑わう。

 SL人吉を引っ張る蒸気機関車は「ハチロク」の愛称を持つ「58654号機」。大正11(1922)年に新造され、九州各地で活躍した後、昭和50(1975)年に役目を終えた。前述の矢岳駅前の展示館で静態保存されており、JR発足後の昭和63年に現役復帰し、平成17年に老朽化による故障で引退するまで、豊肥本線で「SLあそBOY」を牽引(けんいん)。当初は修復不能とみられていたが、JR九州小倉工場でリニューアルされ、昨春「SL人吉」牽引車として奇跡の再復活を果たしたのだ。

 人吉駅の裏には全国唯一の石造鉄道車庫が現存。ターンテーブルと呼ばれる蒸気機関車の転車台もあり、見学もできる。元機関士など鉄道マンOBによる解説が随時行われており、身近で見るハチロクの方向転換や機関庫への入庫シーンは迫力満点だ。

 午後2時39分に発車する上りのSL人吉で八代に向かった。ホームには名物駅弁「鮎ずし」を販売するおじさんの威勢のいい声が響く。1、3号車には展望ラウンジ、2号車にはビュッフェもあり、車内限定の駅弁「ごっつお(=ごちそう)弁当」や球磨(くま)焼酎、地ビール、焼酎アイスクリームなどが味わえる。ガタゴトと揺られながら飲むビールも格別。女性客室乗務員が手作りの「みどころMAP」を配ってくれるのもうれしい。

 列車は日本三大急流の球磨川沿いを走り、「第一」「第二」の大きな橋梁(きょうりょう)を2か所渡る。いずれも明治時代に米ニューヨークで製造されたもので、この橋梁や人吉機関庫、スイッチバック、駅舎などの肥薩線の鉄道施設群は経済産業省の「近代化産業遺産」として認定されている。

 球磨村にある「一勝地(いっしょうち)」駅では、縁起の良い駅名にあやかり「必勝お守り記念入場券」を発売。対向列車の待ち時間を生かして、村の人々による特産物の販売も行われ、ホームは乗客であふれる大盛況だ。次の停車駅、白石の駅舎は築100年以上、坂本には貨物列車用の低いホームが残り、開業当時の風情がいまなお残る。沿線の人々も手を振ってくれ、気分は上々。約2時間のSL旅、アラフォー世代の悩みも疲れも吹っ飛ばしてくれた。

【関連記事】
熊本・人吉 米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近
2月の旅行取扱額、19カ月連続で減少 訪日外国人旅行は3割弱増える
太古のスギも宇宙開発も 種子島・屋久島
外国人地方参政権問題に一石

独法仕分けに意見602件 「不用施設は売却」「天下り禁止を」(産経新聞)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ネスカフェ バリスタ ネスレ日本(産経新聞)
しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)

<仙谷担当相>衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は16日、TBS「時事放談」の収録で、夏の参院選前に鳩山由紀夫首相が退陣した場合の対応を問われ「もういっぺん(昨夏の衆院選から)1年で申し訳ないけどということで(衆参)ダブルを問うということは論理的にある」と衆参同日選の可能性に言及した。

 米軍普天間飛行場移設問題が難航するなか、自民党からは首相退陣に伴う衆参同日選を警戒する発言が出始めている。仙谷氏は「歴史的な政権交代をした内閣を続けることで、守られる民主主義の価値がある。課題を一つ一つ解決することで、政権への信頼を取り戻さなければ」とも述べた。【青木純】

【関連ニュース】
仙谷担当相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討
仙谷担当相:中期フレームに消費税上げ方針
仙谷国家戦略相:官僚が「事務系副大臣」 事務次官の代替で検討
郵政改革:首相「亀井案基に調整」 仙谷氏ら、なお批判--きょう閣僚懇
消費税:中期フレームで増税盛り込み--仙谷担当相方針

熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)
<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円-警視庁(時事通信)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進-「画期的」専門家ら評価(時事通信)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)

民主岐阜県連が党体制の刷新要求、地方組織では初(産経新聞)

 民主党岐阜県連は12日午前、同県連代表の平田健二参院国会対策委員長に対し、内閣支持率低下を受け、党体制の刷新を求める鳩山由紀夫党代表(首相)宛の申入書を提出した。政権交代後、民主党の地方組織が党体制の見直しを申し入れるのは初めて。岐阜県連に存在する小沢幹事長更迭論を背景にした申し入れだ。

 申入書は「(内閣)支持率低下に歯止めがかからない状況で、参院選への大きな影響は避けられない」と危機感を表明。鳩山首相や小沢氏の名指しは避けたものの「政治とカネ」の問題で「さらなる説明責任」を果たすよう促し、党代表の鳩山首相に「速やかに新体制を築く」よう求めた。

 「新体制」は、県連内の小沢氏の更迭論を背景にしたものだが、県連代表でもある平田氏は同日昼過ぎ、国会内で記者団に「何を指しているのか分からない」と語った。

【関連記事】
石原氏「民主党はみんな腰抜け」
平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
外国人地方参政権問題に一石

火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得(産経新聞)
岡田外相がルース米大使と会談 週明けの日米実務者協議を確認(産経新聞)
山崎直子飛行士 野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影(毎日新聞)
武市瑞山あて書状を公開=各藩志士の連携説く-竜馬が届ける・高知(時事通信)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)

強盗未遂容疑男が被害者演じる=軽犯罪法違反でも送検へ-警視庁(時事通信)

 東京都東久留米市のコンビニで、男に現金が奪われそうになった事件で、警視庁田無署は9日、強盗未遂容疑で、同市八幡町、新聞配達員村瀬準容疑者(25)を逮捕した。
 事件の約2時間半後、約800メートル離れた路上で、強盗被害に遭い現金約24万円を奪われたと虚偽の110番をしたとして、同署は軽犯罪法違反容疑でも追送検する。
 同署によると、容疑を認め、「借金返済のため、金が欲しかった」と供述している。 

【関連ニュース】
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」
郵便局強盗で8日に再逮捕=DNA型一致、都内の男
羽交い締めで刃物、24万強奪=路上で男性襲う、コンビニにも?
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当

ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
柔道整復師の養成講座、歯科医が無資格授業(読売新聞)
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞)
<ロールケーキ>ロールケーキ「お役所仕事」、17日発売 鳥取県伯耆町(毎日新聞)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔-面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
プロフィール

ながさわしずこ

Author:ながさわしずこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。